サントリー白州

金曜日、友達の誘いがあって、サントリーウイスキー白州をテーマにしたお店に行ってきた。日比谷Bar(http://www.hibiya-bar.com/about)という会社がやっているお店で、名前は日比谷BAR WHISKY-SⅡ。(http://www.hibiya-bar.com/whisky-s2)料理もウイスキーに合ったものが用意されていて、良いお店だった。
IMG_4561.jpg
年代が違ったウイスキーを同時に飲み比べた経験がなかったので感動。素人の僕でも18年ものが断トツに深みがあったように感じた。歳月の重みは凄い!!

おでん 「こなから本店」

東京のおでんが有名なお店は、日本橋の「お多幸本店」、浅草の「お多福」だが、先週の木曜日、勤め先を早退して、御茶ノ水の「こなから本店」におじゃました。12月の初旬に高校からの友達と二人で初めて行き、今回はその友達ともう一人の友達が加わっての再訪となった。本当は、三人でそこでの忘年会と相成るのが一番だったのだが、今回加わった友達が11月の中旬に前立腺がんの手術を受け忘年会どころではなかったので、今回の訪問は彼の回復を祝いと遅い新年会を兼ねた会食となった。

お店は、18時から、2時間、20時から2時間の入れ替え制にになっている。我々は、18時を予約し、おじゃました。

IMG_2659.jpg
開店前の店構え

IMG_2661.jpg
18時ピタリに提灯がつき、お店に入れる。

IMG_2663.jpg
まず、突き出しが出てくる。茶碗蒸しとカレー味の煮こごりとバイ貝だ。どれも美味しくて、ビールがすすんだ。

メインのおでんを注文する前に、他の料理をいくつか頼んだ。
IMG_2670.jpg
本ししゃも。美味しそうでしょ!

いよいよおでん。ここのおでんはすべて自家製のネタ。炉端焼きみたいな感じでカウンターが配置され、中のお店の方が瓢箪形の純銅製の鍋からおでんを出してくれる。
おつゆは、関西風の出し汁だ。甘味が強いが出しは効いている。僕は、この味、好きだな。


ここからはおでんのネタの紹介といく。ネタの名前、すべては覚えていない。(記憶力の低下を感じるな!!)

IMG_2672.jpg
自家製はんぺん、じゃがまる君、産みたて卵。

IMG_2673.jpg
スパイシーつくね。京がんも?

IMG_2674.jpg
僕が頼んだネタではないからか名前が出てこない。

IMG_2675.jpg
じゃがまる君と自家製コンンニャク

IMG_2676.jpg
水菜とキクラゲ

京都でグルメ? その3

8月6日は、嵐山の松籟庵というお店で昼食。
松籟庵は、渡月橋から桂川を少し上流にいったところにあり、かつて近衛文麿公の別邸と呼ばれたそうだ。予約をしておいたら、雰囲気のいい部屋に案内してくれた。仲居さんが言うには、人気のある部屋で紅葉シーズンは、窓越しに見える紅葉が綺麗で、この部屋を予約するのは大変らしい

IMG_1771.jpg
IMG_1776.jpg
紅葉シーズンは、このもみじが紅葉する。

僕は、松籟コースを注文。下の写真がそのお品書き。
IMG_1773.jpg

順番に料理を紹介しよう。

IMG_1772.jpg
豆腐(雪塩添え)。 塩でいただくお豆腐。濃い豆の味の豆腐を塩でいただくのも乙なものだ。

IMG_1778.jpg
八寸盛り : ご覧のとおり篭の中に8種類の料理が綺麗に並べられている。小鮎、鱧の季節のものあっていい感じだ。でも味の方は、中の上かな。

IMG_1779.jpg
女将が考案したという創作料理、きゅうりが川で上の生麩は船だそうだ、下が女将が描いたポストカード。

IMG_1780.jpg
季節の京料理。 生湯葉だ。

IMG_1784.jpg
湯豆腐。普通に美味しかったが、特別なものは感じなかった

IMG_1790.jpg
豆腐アイス(黒蜜、生八ツ橋添え)

<総括>お店の雰囲気、中居の応対、料理の見た目は評価できる。が、味の方はというと、僕は特に秀でているものを感じることができなかった。

オマケ、桂川です。涼しげですが、この日は猛暑日!!
IMG_1793.jpg
IMG_1792.jpg










京都でグルメ? その2

京都でグルメ?前回の続きです。8月5日水曜日の夜は、食べログで見つけた「鴨川たかし」という店で焼き肉。店内は、鮨屋を思わせるカウンターがあって、店主が目の前で、肉、野菜などをしちりんの上の網で焼いてくれる。焼き肉といっても所謂韓国系の焼肉ではなくて、焼いた肉をわさび醤油や塩やたれで食べる上品なもの。おいしい肉でないと成り立たない焼き肉だ。量は、若い人には物足りないと思うが、僕にとってはちょうどいい量で、近江牛を堪能できた。

写真を撮る雰囲気ではなかったので一枚も撮らなかった。興味ある人は、ココ(食べログ)をクリックしてください。


京都でグルメ? その1

先週、奈良県に息子と親戚のお見舞いに行ったのだが、関西には滅多に行かないので、京都で一泊のグルメ?旅行も兼ねることに相成った。
水曜日は、11時半の京都に着いて、息子が推薦のラーメン店「本家第一旭たかばし本店」へ向かう。京都西口から5分ほどでその店に着いたのだが、なんと改装中。ところが、その隣に新福菜館 本店と言う名前のラーメン店があり、息子によるとこの店も美味しいという。躊躇なくお店へ入る。

IMG_1761.jpg
本家第一旭たかばし本店は改装中

IMG_1762.jpg
新福菜館 本店

IMG_1763.jpg
新福菜館 本店のカウンター

ラーメン小と焼き飯を注文。

IMG_1766.jpg

IMG_1767.jpg
ラーメンは、まず見てのとおり黒い色の醤油と九条ねぎが目立つ。麺をを取り出すと中太のストレート麺。
スープを飲んで見る。出汁の味は弱い。醤油の香りもない。スープからはこのラーメンを評価することはできなかった。麺は、もちちっとしていてまあまあ。綜合的に評価しても普通のラーメンで、並んでまで食べるものではないと思う。家に帰って食べログやラーメンデーターベースで調べると見た目よりあっさりしていて醤油のコクがあって食べやすい・・・等々評価が高い。でも僕は京都に行ってもこのラーメンは2度と食べないだろう。


IMG_1764.jpg
焼き飯も醤油に色が濃いが、醤油が少し焦げて香りがたって美味しいと思った。でも味の素の味は強かったね。
プロフィール

りゅうせい

Author:りゅうせい
2015年10月で65歳。57歳で永年勤務した会社を退職。現在は、年金事務所で年金相談の仕事をしている。
趣味:ラージボール卓球、競馬、料理、ラーメン食べ歩き、ウォーキングなど

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
お尋ね人の数
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR