オーストラリア旅行7日目

オーストラリア旅行から帰った来て、もう1ヶ月半ほど経つ。ようやく7日目を書く気になった。筆不精な私ですな。

オーストラリア旅行7日目は、タスマニアの州都ホバートから車で1時間半ほどのところにある流刑場跡(史跡地区)へ行く。ポート・アーサー史跡地区は、オーストラリア流刑地史跡世界遺産11か所の一つで、オーストラリアの史跡としては最も来場者数の多いとのこと。
当日10時半ぐらいに流刑場跡へ着く。入口は、観光客でごった返していた。入場券を$35で購入したが、入場券にクルーズとウォーキングツアーの予約が付随していた。我々は、ウォーキングツアーのガイドは英語で、また時間もかかるので、クルーズのみを予約した。


クルーズ開始の時間まで、日本語のパンフを受付でもらったので、それを見ながら、 2時間くらいかけじっくりと刑務所や教会等の建物の中を見て回る。 公園として見れば、よく整備されていて良いものであったが、タスマニアの歴史(流刑囚、兵士、自由移民、その家族達のすさまじいばかりの体験等)は、感じられなかった。

IMG_4248.jpg
受付から少し歩くと、流刑場跡の入口があり、学生の見学者らが立ち止まり、案内者の説明を受けていた。

IMG_4250.jpg
刑務所の跡

IMG_4252.jpg
IMG_4251.jpg

独房の跡

IMG_4259.jpg
刑務所の鍵

IMG_4258.jpg
囚人服

IMG_4288.jpg
教会

流刑場跡が面している湾のクルーズは、30分ほどであったが、海が見た流刑場跡は、素晴らしい景観だった。

IMG_4262.jpg

IMG_4279.jpg

IMG_4266.jpg

IMG_4277.jpg

この日は、「ブルーアイ」という店名のシーフードレストランで夕食。ブルーアイは魚の名前だ。目の青い光沢から、ブルーアイ(Blue-eye)と呼ばれ、オーストラリア、ニュージーランドで採れる魚らしい。

IMG_4295.jpg
お店の外観

IMG_4297.jpg
店内、ブルーアイの絵が飾ってある

IMG_4298.jpg
牡蠣の揚げ物

IMG_4301.jpg
料理名は忘れた!

IMG_4303.jpg
ブル-アイを使った料理

IMG_4300.jpg
お店でワインを持ってきてくれたウェイトレス

オーストラリア旅行6日目

ようやく、オーストラリア旅行の記事も、6日目を書くことになった。
オーストラリア旅行の記事は、オーストラリア旅行の僕の備忘録のようなものなので、この記事をご覧になる方がいらっしゃったら、、写真だけでも見てください。


IMG_4089.jpg
拡大すれば、南十字星が見えます。5日目の夜、外に出たら、満天の星。天の川も綺麗に見えて、ニュージーランド旅行以来の南十字星も見ることができた。

オーストラリア旅行6日目は、鉱山の町クィンーズタウン経由でマウントフィールド国立公園の立ち寄りホバートへ行くことになった。
IMG_4212.jpg

IMG_4215.jpg

IMG_4217.jpg

IMG_4222.jpg

IMG_4221.jpg
マウントフィールド国立公園までは、5時間ほどの移動となった。この車での移動は、、景色も単調で、、今回の旅で、最も退屈な時間だった。

マウントフィールド国立公園に着いたのは、16時頃。不毛な地域から、緑の多いマウントフィールド国立公園に着いたときはホッとした。
着いた時間が遅かったのでフォールズの滝を見ることだけに絞った。クレイドル山の一日を削ってこの国立公園のウォーキングの選択もあったかなと今は思う。

IMG_0338.jpg

IMG_4227.jpg

IMG_4229.jpg

IMG_4232.jpg

IMG_4237.jpg

フォールズの滝を後にして、一路トホバートへ。ホバートのホテルは、タスマニア初日に宿泊したホテル。このホテルには連泊する。
ホバートに着いたのは19時ぐらい。レストランを新たに探すのは面倒くさいので、初日に料理が美味だったギリシアレストランへいくことにした。地元に人気の店で混んでいることがわかっていたので、20時過ぎにレストランに入る。この時間でもほぼ満杯。一席空いていたので良かった。

IMG_4244.jpg

IMG_4243.jpg

IMG_4242.jpg

IMG_4241.jpg

IMG_4240.jpg>
IMG_4239.jpg
このレストランは、料理も美味だったし、ウェイトレスが美人で接客も良かったなあ。


オーストラリア旅行5日目

オーストラリア旅行5日目もクレイドル山のウォーキング。前日がきついコースだったので、健脚の友人Aは、中級コース、友人Bと僕は、もっと人気の万人向けの湖一周コースを歩くことになった。
池の周遊コースは、素晴らしい景観だった。湖のクレイドル山の最も近いところでは、望遠でクレイドル山を撮った。ご覧下さい。
IMG_4153.jpg

IMG_4155.jpg

IMG_4158.jpg

IMG_4160.jpg

IMG_4162.jpg

IMG_4163.jpg

IMG_0335.jpg
IMG_0336.jpg

IMG_4165.jpg

IMG_4170.jpg

IMG_4167.jpg

IMG_4171.jpg

IMG_4172.jpg

午後2時頃、クレイドル山を後にして、タスマニアデビルが見れるタスマニアデビル保護センターへ行く。

IMG_4177.jpg

IMG_4176.jpg

IMG_4181.jpg

IMG_4186.jpg

タスマニアデビルを見て、宿泊先へ帰り、最後の自炊の晩餐だ。

IMG_4194.jpg
カンガルーの肉

IMG_4195.jpg
ラム

IMG_4198.jpg
夕食準備中に窓越しに見えたパンダメロン。

IMG_4200.jpg
テラスのは、電気式のバーベーキューの機械があったので、肉や野菜を焼いた。

IMG_4202.jpg
焼いたカンガルーの肉

IMG_4203.jpg

IMG_4206.jpg
自炊の最後なので、買った野菜をすべて使った。
カンガルーの肉は油が少なく鯨の肉のようだった。


食事の途中外でもの音がするので覗くと、なんとバーベキューの鉄板の上に動物(ポッサム)は2匹のって、鉄板の肉汁を舐めていたのだ。
IMG_4207.jpg

こんな感じで、最後の自炊の夜は深けていった。

オーストラリア旅行4日目

オーストラリア旅行4~5目は、クレイドル山のウォーキング。クレイドル山には、11通りのショートウォーキングコースが用意されていたので、クレイドル山に着いた日に、その後の2日間に、中級者向けのコースと初級者向けのコースを歩くことに決めた。

初日は、中級者向けのコースを歩くつもりだったのだが、道を間違えて、沢歩きのような登り坂もある道票もなく道を示す棒がしかない上級者向けいコースを4時間ほどを歩いてしまった。
IMG_4132.jpg

IMG_4137.jpg
上の写真のようなところを2時間も歩いた。平地を歩くのが得意の私も坂道はつらく、帰りには、自分の脚が痙攣してしまい、友達に心配をかけてしまった。

坂道を登り切ったところには次のような景色が広がり、一瞬疲れがとれた。
IMG_4143.jpg

IMG_4144.jpg

IMG_4145.jpg

IMG_4146.jpg

IMG_4149.jpg

辛かった初日だった。夜は、自炊3日目。ステーキがメインの食事だった。
IMG_4107.jpg
IMG_4109.jpg

オーストラリア旅行3日目

オーストラリア旅行3日目は、ビチェノからクレイドル山へ向かう。途中、タスマニア第二の都市ロンセストンに立ち寄り、クレイドル山での自炊の材料などを買い込む。
IMG_4106.jpg
ロンセストンのスーパー

ロセンストンで昼食をとり、クレイドル山」へ向かう。夕方には、宿泊先に着く。
IMG_4107.jpg
IMG_4109.jpg
クレイドル山の宿泊先の初日の自炊のメニュー。ラムのソテーですね
プロフィール

りゅうせい

Author:りゅうせい
2015年10月で65歳。57歳で永年勤務した会社を退職。現在は、年金事務所で年金相談の仕事をしている。
趣味:ラージボール卓球、競馬、料理、ラーメン食べ歩き、ウォーキングなど

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
お尋ね人の数
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR