野に咲く花シリーズ  ツルニチニチソウ

ウォーキングをているといろいろな花に出会う。
前に書いたナガミヒナゲシもその一つだが、今回アップするのは、この花だ。

IMG_1011.jpg
IMG_1012.jpg
僕のカメラの性能が悪く花の色を忠実に画像にできなかった。目で見た色はもっと紫色が強い。

インターネットで調べるとこの花の名はたぶん、ツルニチニチソウだろう。
Wikipediaではこう書いている。
花期は、春~初夏。花の形がニチニチソウに似ているが、色は青紫色。柱頭は円盤状をしており、その上に毛のある突起物がある。このような柱頭の植物は珍しい。葉は幅広い。ニチニチソウ同様に繁殖力が非常に強く、やはり観賞用によく栽培される。ビンカアルカロイドとは異なるアルカロイドを含む。

オレンジ色の春の花

皆さん、春にこんなオレンジ色の花を見かけませんか?この花の名前ご存知ですか?
IMG_0997.jpg

ナガミヒナゲシが名前です。
Wikipediaによると
高さは栄養状態によって異なるが、15cmくらいから最大60cmぐらいにまで成長する。茎には硬い剛毛が生えている。葉は細かく切れ込む。果実(芥子坊主)は細長く、和名の長実雛芥子はここから付けられた。根と葉からは周辺の植物の生育を強く阻害する成分を含んだ物質が生み出される(アレロパシー)。。外来植物の改良FAO方式による雑草化リスクの評価では、特定外来生物に指定されている植物に匹敵するか、これらを上回る高いリスク点数が得られているが、特定外来生物などにはいまだ指定されていない[4]。 梅雨時に非常に小さな種子を大量に成す。一つの果実には約1600粒の種子が内包されている。一個体は100個の果実を成すこともあるため、多い個体では15万粒の種子を持っている。種子の表面にはおうとつがある。秋に発芽してロゼット状態で越冬する]。
日本では帰化植物として自生している。輸入穀物などに紛れて渡来したと推測され、1961年に東京都世田谷区で初めて確認された。以後群馬県、福岡県などにも分布が広がり、2007年には青森県、沖縄県を除く日本全国で繁殖が確認されている。発生場所は初期には幹線道路沿いに限られていたが、2011年には農地への繁殖も認められる。
ひとつの芥子坊主から1000~2000の種子(ケシ粒)をばら撒いてしまうために爆発的な繁殖力を示す場合があり、地場の他の草花を駆逐してしまう可能性がある。そのため、園芸花として楽しむには花が終わり次第摘み取る(摘花)等の種子拡散を防ぐ注意が必要である。

最近よく良く見られるようなった帰化植物のようだ。ほっと置くと10年後には、繁殖し過ぎてしまう問題がある花。綺麗な花にも、怖い花あり!だな。

キジ

日曜日、競馬中継が終わってウォーキング。キジの縄張りの鳴き声が響いているので、会えないかなあと思っていたら、畑にキジが・・・。ついていたな。
IMG_0990.jpg

競馬 重賞(フローラS、マイラーズC)予想の結果

この日も予想は外れた。取り上げた穴馬は人気の割には検討しているがに馬券にならなければだめだな。いつ陽が昇るのだろう。
<マイラーズカップ>
タガノグランパ    : 15番人気 9着
シャイニープリンス : 11番人気  6着
ロサギガンティア  : 7番人気  8着
<フローラステークス>
ウインアキレア   : 12番人気 4着
ロックキャンディ  : 7番人気 11着
アドマイヤピンク  : 9番人気 14着
リアンドジュエリー : 6番人気 15着

20150426.png

競馬 土曜日の結果と日曜日(フローラSとマイラーズC)の予想

昨日の福島牝馬Sは、カスリもしなかった。
フィロパトール 10番人気 8着 ウエスタンメルシー 6ハ番人気 9着
本当に予想が難しいレースだった。実は、2着だったリラヴァティとウエスタンメルシーどちらからいこうかと迷っていた。こういう時、穴党は、人気のない方を選ぶ方が悔いが少ないのでは?反省です。

20150425.png
しかしながら、東京のメインを検討もあまりせずにムスカテールがハンデ頭で高齢でも真面に走れば勝てると思って1000円買ってしまったら当たってしまった。(ブログの載せる意外のレースを買う場合は、100円0以内と決めてます。)
20150425-2.png

さて、今日の予想だ。

<マイラーズカップ>
穴馬を2頭に絞ろうと思ったが、3頭取り上げることにする。
タガノグランパ : 3走前までは道悪。良なら3着はある。ワイドで攻める。
シャイニープリンス : 実力馬! 何故人気がないの?
ロサギガンティア : この馬も、マイルなら能力があるはず。


<フローラステークス>
このレースは、超混戦。穴馬は、4頭になってしまった。
ウインアキレア : 紅梅Sのレースぶりがよかった。持続する末脚が使えれば。
ロックキャンディ : 前走の上がりの見所あり。
アドマイヤピンク : 持続的な脚と平均的に良いタイムで走っているのがいい。
リアンドジュエリー : 上がりのタイムが安定している。

競馬 福島牝馬ステークスの予想

昨日は、飲み会があってとても予想ができる状態ではなかった。5時過ぎに目が覚めて、今6時12分にこの予想を書いている。それほど飲んでいないので、頭はすっきりしている。今日は当たるかもしれないな。


福島牝馬ステークスの過去のレースを見ると、小回りの福島のコースなのにテンが早くなって差し馬が意外と台頭している。
もちろん、先行馬も残るレースもあった。今回は、混戦模様でペースの予想もつかないので、大穴ではないが、先行チョイ差しの馬と差し馬の2頭を取り上げる。


フィロパトール : 前走は走らなかったが、福島では、先行しそこそこの上がりでいい競馬をしている。頭もあるかもしれない。

ウエスタンメルシー : 前走の上がりは凄い。パーワースポットが人気なら、この馬だって十分いける。心配なのは鞍上の差だな。

料理 「新玉ねぎ、新じゃが、そら豆のチーズ焼き」

今日は、僕の料理当番の日で、朝、ネットをそら豆の料理を見たら、そら豆を使った料理を作たくりなった。スーパーにそら豆が並びはじめている記憶があったせいかも知れない。ネットで調べると、そら豆は、5月から市場に出初めて、7月ぐらいまで市場に出るもので、今はそら豆を買う時期として庶民にはちと早い気もする。しかしながら、思い立ったら吉日、スーパーで、そら豆を買って、タイトルの「新玉ねぎ、新じゃが、そら豆のチーズ焼き」を作ることに相成った。この料理はcookpadの料理を参考にしたけれど、工夫(思いつき)が多いので、創作料理に近いと思っている。


材料:そら豆、新じゃが、新玉ねぎ、ベーコン、ミックスチーズ

作り方;①そら豆は、塩茹でして皮をむく。(固めに茹でる)②新じゃがは、一口大に乱切りし軽く茹でる。③新玉ねぎは串切り。④ベーコンは、拍子切り。⑤フライパンに、オリーブオイルを入れて、ニンニクで香りを付ける。⑥材料を投入し、炒め、塩、コショウ、粉末のコンソメで味を付ける。⑦グラタン皿に⑥を入れ、チーズを載せ、オーブンで焼く


IMG_0976.jpg

IMG_0978.jpg

IMG_0980.jpg
ちょっと焼きすぎの感があるが、まあまあの出来だったなあ。

にんじんしりしり

皆さん、「にんじんしりしり」という料理ご存知ですか?

にんじんしりしりは、沖縄県の郷土料理。「しりしり」というのは繊切りという意味で、沖縄方言である。スライサーを使う時「すりすり」という音から名前がついたのではないかと言われている。人参と卵という家庭の常備食材で手軽に作れ、彩りも美しくカロテンを多く含んでいる。
作り方
材料 人参1本 だしの素小さじ1 みりん小さじ1 ごま油小さじ1 醤油小さじ1/2 卵1個
ピーラーで人参の皮を剥き、千切りにする。
フライパンに油をひき、人参を炒める。
人参がしんなりしてきたら、溶いた卵と調味料を入れて炒める。
卵が固まったら出来上がり。

とWikipediaでは書いていますが、沖縄の家庭では我が家の味があるようです。しかし、にんじんは、専用のしりしり器なるスライサーでにんじんを細かくすることは、どの家庭でもやっているようです。その証拠にアマゾンで、いくつものしりしり器を販売しています。アマゾンの検索結果をご覧下さい。
にんじんししりしり器
にんじんしりしりは、にんじんと卵ととそれにシーチキンを入れるものが主流ですが、僕は今日、油揚げが残っていたので、油揚げをみじん切りにして、カラッと乾煎りして、シーチキンの代わりにして、創作のにんじんしりしりを作ってみました。以外とおいしかったですよ。皆さんも一度はにんじんしりしりに挑戦してみたらいかがでしょう。細かくしたにんじんを炒めるとなんとも言えない甘さがありますよ。

IMG_0969.jpg
僕の使っているにんじんししりしり器

IMG_0970.jpg
にんじんをしりしりしたもの

IMG_0975.jpg
完成した油揚げ入りにんじんしりしり

皐月賞を振り返って

ドゥラメンテの剛脚とデムーロの腕にはホント驚いた。デムーロは、開催4日間の騎乗停らしいけれど、あの気性の馬の斜行はどどうしようもないと思う。あの影響を受けたサトノクラウンはかわいそうだったな岡田繁幸氏がBS11で言っていた調教し過ぎの影響がサトノクラウンにあったのもかも知れない。人気がガタ落ちになるだろうダービーは好走する可能性が皆無とは言えない。。私が予想にも書いたとおりで、1から3番人気の馬は強かったと思う。3着のキタサンブラックは予想以上に強かったブラックタイド産駒の代表になるかもしれない。1600から1800あたりで活躍しそうだ。

クラリティスカイは横典の好騎乗もあって頑張ったと思う。ブライエンブラムは、成長すれば1,2着馬に追いつく可能性があるだろう。ダノンプラチナは案外だった。早熟だったのだろうか?スピリットミノルは、ダッシュ力がなかったのがすべて。すんなり逃げたときは、G3あたりでは通用しそうだ。

20150419.png

皐月賞の予想など

今日のアンタレスステークスは、目の付けどころはよかったが外れ。競馬は当たらなくちゃだめだね。
ダノンバトゥーラ:9番人気 4着、ワイドバッハ;7番人気 8着
皐月賞に備えて、馬券の金額は控えめにした。
20150418.png

さて、皐月賞の予想だ。

順当にいけば、1から3番人気は強いと思うが、嵌ればブライトエンブレム、ダノンプラチナが頭に来る余地はあると思う。弥生賞ではブライエンブラムは、上りタイムNO1だし、ダノンプラチナは、2000mでは高速馬場でのみ通用するマイラーだ。この2頭から馬単を買ってみることにする。


穴党の僕としては、穴馬を2頭取り上げる。
クラリティスカイ : 2歳の時のタイムがすごい。高速馬場得意。
スピリッツミノル : 高速馬場で逃げ残る。
馬券は、3連複だね。

プロフィール

りゅうせい

Author:りゅうせい
2015年10月で65歳。57歳で永年勤務した会社を退職。現在は、年金事務所で年金相談の仕事をしている。
趣味:ラージボール卓球、競馬、料理、ラーメン食べ歩き、ウォーキングなど

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
お尋ね人の数
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR